2008年12月27日

介護報酬引き上げへ

 厚生労働省は介護報酬の改定を決定した。
 介護職員の待遇改善のため、全体平均で3・0%引き上げたのが特色とされる。
 ちなみにプラス改定は2000年の制度発足以来、初めての事だ。
 人材確保を図り、医療期間との連携強化をはかり、かつ認知症介護の充実など、介護の質の向上も目指す事を目的とした引き上げではあるが、実際は報酬引き上げは非現実的だといえるかもしれない。プラス改定で事業者は収入増になるが、費用の1割を負担する利用者は負担増となるからだ。それでなくても年金収入や様々な収入源の中で介護報酬の引き上げが実施されれば利用頻度が低くなるのは目に見えている。
 改定では、夜勤や認知症介護など身体的・精神的負担が大きい業務について、人員を多く配置した事業所の報酬を手厚くし、国家資格である介護福祉士や常勤職員の割合が高い事業所の報酬を引き上げたのも特徴だ。ちなみに特別養護老人ホームの場合、介護職員全体に占める介護福祉士の割合を50%以上にする事で、入居者1人当たり1日120円を加算出来る。しかしだ・・・。実際は報酬引き上げを行った施設からは利用者が流出し、結局は更なる質の低下に繋がる懸念もある。

posted by ひで at 09:30| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンセン病療養所の重監房復元へ

 群馬県草津町にある国立ハンセン病療養所の栗生楽泉園において戦前には刑務所代わりに患者を収監し、現在は土台だけが残っている「重監房」が復元される見通しになったという。
 国の来年度予算案に復元に向けた調査費500万円が盛り込まれたからだ。
 当時の重監房では過酷な環境下で多くの患者が死亡したといい、元患者たちは「人権被害の歴史を象徴する施設。実現に向けた大きな一歩だ」と歓迎しているという。
 47年に建物は解体されており、残された記録は少ない現状ではあるものの、元患者などが実態調査を続けているという。
 房には鍵のかかる4畳半の個室8室があり、冬にはマイナス20度近くまで冷え込むというにもかかわらず、暖房設備はなかったという。
 さらに1日2回の食事は麦飯と具のないみそ汁程度しかなく、施設の解体までに92人を収容し、内22人が死亡したとされている。

posted by ひで at 09:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始は荒れ模様

 気象庁が年末年始の天気予報を発表した。
 今日から1月2日の間では、29日頃に一時寒さは緩むが、31日頃には再び強い寒気が大陸から流れ込んで、冬型の気圧配置が強まるという予報だ。
 したがって、お正月の天気は北日本や日本海側の広い地域で荒れ模様となる見通しだという。日本海側の方々は是非気をつけて欲しい。
 初日の出については、「関東を中心に太平洋側では見られる」そうだ。
 冬型の気圧配置は正月休み終盤の3、4日頃まで続くとみられ、同庁では雪崩や強風への注意を呼びかけている。
posted by ひで at 09:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。