2009年03月29日

法科大学院評価結果

 法科大学院の評価機関「大学評価・学位授与機構」は、2008年度の大学院16校の評価結果を公表した。
 関西系の同志社大、神戸学院大の2校は、教育内容が基準を満たしていないとして不適合と認定された。
 法科大学院74校中、今回を含め47校の評価が終わり、不適合は10校に上った事になる。
 ちなみに不適合が出ると、文科省が調査して指導する事になっており、同志社大、神戸学院大も指導が行われる。

 同志社大は一部科目の期末試験で、結果の確定前に、不合格相当の学生に筆記などで理解度を確かめる「再評価」をしており、2回の評価で試験結果を出すことが客観的でないと判断されたという。
 神戸学院大は一部科目で4割弱の出席率でも定期試験を受けられたことや、法学未修者の入学選抜では法律の知識を問わないことが原則なのに、試験要項に知識を評価することが記載されていた事が原因の様だ。

 一方、別の大学評価機関「日本高等教育評価機構」も同日、大学評価の結果を発表し、58大学のうち、志学館大、鈴鹿医療科学大、第一工業大、多摩大、名古屋産業大の5校について、不適切な理事会運営や教員数の不足などを理由に判定を保留、3年以内の再評価の申請を求めた事も明らかになった。

posted by ひで at 12:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部活中のしごきに賠償金判決

 2003年に福島県須賀川市立第一中学校で当時1年生だった女子生徒(現在は18歳)が柔道部の部活中に頭を打ち、重度の障害を負った事故で、女子生徒と両親が、県と市、当時2年生だった男子生徒(19)らを相手取り、約2億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福島地裁郡山支部であった。
 判決の中で見米正裁判長は、県と市などに約1億5500万円の支払いを命じた。

 女子生徒は2003年10月、顧問教諭がいない中、当時部長だった男子生徒に複数回、投げ技をかけられ、急性硬膜下血腫で意識不明となり、現在も寝たきりの状態となっている。
 判決は、女子生徒が事故の約1か月前、練習中に脳内出血を起こして入院した事実を指摘し、「学校側は入院を認識していたのに、柔道部員に伝えるなど具体的な対策をほとんど取らなかった」と話した。
 男子生徒の行為も「練習の範ちゅうを逸脱した暴行」と認定し、総額のうち約300万円を県、市と連帯して支払うよう命じる判決を下した。

 県と市は、「判決を精査したうえで対応を検討したい」としている。

posted by ひで at 12:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

C型肝炎カード

C型肝炎患者等約700人でつくる「薬害C型肝炎新潟の会」は、患者自身が肝炎患者であることを明記し、注意を喚起する携帯カードを作成した事を明らかにした。
 交通事故など不測の事態で出血し、本人が意思表示できない場合を想定したもので、救急隊員や医師などの感染を防ぐのが狙いだそうだ。
 今後、全国の肝炎患者団体などにカードの作成を呼びかけるとしている。
 今回作成された手作りのカードは名刺サイズで、身分証明書のように携帯できるのが特徴だ。
 「私はC型肝炎です。血液の取り扱いに御注意ください」と記され、患者本人が氏名や通院中の医療機関名、カルテ番号を書き込む事になるという。
 実は今回のカードの発端は昨年6月に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件で、被害者の中にB型肝炎ウイルスの感染者がいたため、救助を手伝った人への感染が心配された事によるという。

 同団体の会長らは「感染の可能性は低くても患者自身が二次感染を防ぐ努力をし、不安な思いをする人を減らしたい」とカードを発案したとし、歯科治療などで出血を伴う際にも医師に提示して役立ててもらう事を願っているという。

posted by ひで at 15:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あわや大惨事

 20日の午前9時半頃、大阪空港(伊丹空港)で、離陸準備中だった羽田行き全日空18便(乗客・乗員407人)が管制官の許可がないまま停止線を越えて滑走路に進入したため、滑走路の約7キロ手前を降下中だった仙台発ジャルエクスプレスのMD81型機(乗客・乗員167人)がいったん旋回して着陸をやり直すというトラブルがあった事が明らかになった。
 国土交通省の発表によると、管制官は、全日空機に「滑走路手前で待機」と指示したというが、その9分後、全日空機が滑走路への進入を始めたのだという。
 全日空によると、管制官と交信をしていたのは副操縦士で、離陸許可を得たと話している様だ。
 運輸安全委員会は、重大事故につながりかねないとして、調査官3人を現地に派遣し調査を開始した。
 同省関係者によると、別の滑走路で全日空181便が離陸許可を得た直後に全日空18便が進入を始めており、同便が181便と自身の18便の離陸許可を勘違いした可能性があるという。

posted by ひで at 15:10| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐用の病院で高齢者が相次いで骨折

 兵庫県佐用町にある「佐用共立病院」に入院している99〜75歳の6人が、昨年末から今年初めにかけ、相次いで胸の骨を折るけがを負っていたことが明らかになった。
 兵庫県は病院から連絡を受け、立ち入り検査したそうだが、6人のうち2人は死亡しており、残りの4人も寝たきりの状況で会話ができない状態のため、原因が明らかになっていないのだという。
posted by ひで at 15:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

近鉄横断特急

 3月20日の阪神なんば線(尼崎―近鉄難波)開通で、私鉄では国内最長の約250キロを走破する特急が実現に向けて踏み出す事が明らかになった。
 近鉄線が走る三重県・伊勢志摩と山陽電鉄の走る兵庫県姫路市を結び、4府県と鉄道4社にまたがる特急〈通称:近畿横断特急〉が計画されているそうだ。
 主役となるべく近鉄は各社に熱いラブコールを送り、早ければ数年後の運行を目指しているという。

 同特急は近鉄の賢島駅から近鉄大阪線や阪神なんば線などを通り、神戸市の第3セクター神戸高速鉄道が運営する神戸高速東西線を経由し、山陽電鉄本線を通って山陽姫路駅に乗り入れるのだという。
 なんば線開通時は、賢島―姫路は各線を乗り継いで約4時間かかるが、それを一気に短縮化できる。

posted by ひで at 15:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0系新幹線車両 故郷へ

 昨年12月をもって引退した0系新幹線の先頭車両が製造元の川崎重工業兵庫工場へ譲渡されることになり、昨日朝、JR西日本博多総合車両所から運び出す作業が始まった。
 古里の工場で貴重な鉄道資料として保存展示される予定だという。

 JR西日本によると、今回譲渡されるのは1983年に製造され、全長約25メートル、重さ60トンの車両だという。
 昨年12月14日、新大阪発博多行き「ひかり347号」として最後の運行に使われたものだそうだ。

posted by ひで at 15:06| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

息子を殺害した母親逮捕

 福島県警会津坂下署は、中学一年生の息子を殺害したとして無職の女(51)を逮捕した事を発表した。

 発表によれば同容疑者は7日の午前0時頃、自宅で息子の首を紐の様なもので絞めて殺害した疑いがもたれている。

 寝ている所を殺害したと考えられる。無理心中を図った様だ。

posted by ひで at 21:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

京都府不正経理問題で処分

 京都府は、会計検査院に指摘された補助金の不正経理と総額1385万円にも上ったいわゆる裏金問題で、職員36人を処分し、山田啓二知事ら6人の給与を減額する事を発表した。
 処分される36人のうち懲戒処分は20人になった。
 内訳は、職員長ら6人を減給10%(1か月)、裏金の見つかった中丹広域振興局の局長ら14人を戒告としたという。
 なお懲戒処分以外では訓戒5人、文書注意11人だった。
posted by ひで at 08:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

聴覚障害者に運転免許取得支援ソフト

 耳が不自由な聴力障害者の人たちの運転免許取得を支援するパソコンソフトを、沖縄県浦添市にある県立浦添工業高校が完成させたそうだ。
 2006年度に情報技術科に在籍していた当時の3年生が着手し、その後の歴代の3年生が研究をリレーし続け、3年がかりで計17人が携わった成果だという。
 また「明快な表現で分かりやすい」と製作に協力した自動車学校関係者も評価しているという。

 同ソフトを開発する事になったきっかけは県立沖縄ろう学校からの要望だったという。
 情報技術科が以前、生徒の課題研究で作ったパソコンソフト「手話入り電子紙芝居」を同ろう学校に寄贈したことから関係が出来ていた両校の関係の中で、運転免許取得に悩む生徒達の強い要望があり、06年3月に相談を受けた当時の教諭が応じた事から開発が始まったという。
 完成したソフトは@画像や手話の動画で自動車の各部位の名称や使い方を解説し、A○×式で理解度を確かめる139問のクイズがあってB過去に出題された約1000問の学科試験が付いているなどなど6項目で構成されており、自動車学校の指導員が監修した優れものだという。

 東京にある全日本指定自動車教習所協会連合会によると、聴覚障害者が自動車教習所に通う場合、一般的に健常者と一緒に講習や実技指導を受け、必要に応じて手話のできるスタッフが個別指導しているのが現実であるが、「今後、教習所に通う聴覚障害者が増え、講習のあり方にも配慮が求められるようになるだろう。高校生のソフトはいい教材になりそうだ」と強い期待を寄せているという。

posted by ひで at 14:25| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。