2009年06月13日

教師が無免許で12年間もマイカー通勤

 長野県波田町教委は、町立波田中学校の男性教諭(39)が1度も運転免許をとったことがないにもかかわらず、12年間にわたって車で通勤していたことを明らかにした。
 安曇野署は、教諭を道交法違反容疑で地検松本支部に書類送検した。

 町教委によると、教諭は1993年に教員となった後、教習所に通い、仮免許をとったが、そのまま失効してしまっていたのだという。
 1997年に南信地方の公立中学に赴任した後、無免許のまま、同僚から譲り受けた車で通勤するようになり、出張にも使っていたといい、波田中も含め、3校で無免許通勤を続けたというからあきれ果てる。

 今年1月17日午後、安曇野市内で一時不停止で摘発された際に、無免許が発覚したのだそうだ。
 同教諭は翌18日に、学校側に報告したが、同校では学年末まで、教諭を担任から外さず、教壇に立たせていたというから学校側の管理体制にも疑問を抱かずに入られない。
 さらにあきれたことには他の教員や保護者にも説明しなかったという。
 同教諭は3月下旬から病気療養のため休んでいるというが、県教委が今後、処分する方針だという。
 しかし処分するのは同教諭だけ??
posted by ひで at 08:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ

  世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は、新型インフルエンザの警戒水準をパンデミックを意味する最高の「フェーズ6」へ引き上げると宣言した記者会見で、今の状況を「世界的大流行の初期段階」であるとし、今後、「一層の感染拡大は避けられない」との見通しを明らかにした。  
 一方、ウイルスの病原性の強弱を表す3段階のWHOの尺度については、同事務局長は、今回は2番目の「中度」にあたると説明した。
 さらに「医療が貧弱な地域では、さらに悲惨な状況になることを予測しておいた方がよい」と述べ、アフリカなど南半球の発展途上国に感染が拡大した場合に備える必要性を訴えている。
 先進国と違って発展途上国ではワクチン等が入手しにくいからである。
posted by ひで at 07:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀県の汚水タンク内から女性の遺体

 昨日の朝6時頃、滋賀県米原市にある汚水施設で、タンクの清掃に来た作業員の男性(41)が、タンク内に女性の遺体があるのを見つけた。
 県警の発表では、女性は水色の作業服を着ていたという。
 警察では事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べている。

posted by ひで at 07:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。