2009年11月29日

HPに偽りの記載

 日本胸部外科学会など3学会でつくる「心臓血管外科専門医認定機構」が、専門医資格を失った482人の外科医を、最大で8か月にもわたり、専門医として同機構のホームページ上で紹介していたことが明らかになった。
 同機構はシステム上の問題だとしているが、患者にとって専門医資格は医師を選ぶ目安であり確認不足は否めない。
 同機構もシステム上の問題はともかく「不適切だった」としている。
 同機構の説明では、心臓血管外科の専門医資格は5年に1度の更新制になっている様で、今年3月、資格更新のための審査を実施したのだが、その際の更新対象は約2000人いたが、東京医科大病院で専門医の手術で患者4人が死亡したことから、5年間で100件以上の心臓血管の手術を行うなど更新条件が厳格化されたため、466人が更新申請を辞退した上、6月18日までに16人が不合格となったという。
 ところが、同機構の医師情報管理システムの改編が時期的に重なったことなどから、HP上の専門医名簿が今月12日まで改定されなかったというのが実情の様だ。

 同認定条件に手技は課されておらず、技量を保証するものではないとはいうものの、病に悩む患者にとって同機構のHPは、専門医を確認する手だてとなっているだけではなく心のよりどころでもあるはずだ。
 もちろん資格がなくても、心臓手術を手がけることは可能だが。。。。
 管理がずさんすぎるといわれても仕方ないのでは??

posted by ひで at 11:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校舎から転落の男児を女性が受け止める

 27日の金曜日の午後3時頃、東京都武蔵野市にある私立武蔵野東小学校の校舎3階から、4年生の男児(10)が約7メートル下に転落したのを、総菜を配達中の女性が受け止めるという奇跡の様な出来事があった。
 女性が受け止めた為、転落した男児は右足のひざなどに軽いけがですんだという。また女性側にもけがはなかったというから奇跡かもしれない。

 転落した男児は放課後、校舎3階のプレールームで遊んでいた際、1人で窓からベランダに出て、幅約20センチのベランダの外塀の上を歩いていたという。
 その光景を目撃した女性が注意し、男児が塀を下りようとしている最中に足を滑らせたのだという。
 男児は、いったん壁からぶらさがった状態になったが、落下し、校舎と隣のマンションを隔てる高さ約2mの地上の塀の上で一旦バウンドした後、女性が両手で頭を抱えるようにして受け止めたという。
 そのとき、プレールームには、担当教員がいたが、この男児が窓から出たことに気づかなかったという。
 同校の木村修二校長(53)は「女性が受け止めてくれたおかげで、軽いけがですんだ」と安堵した様子で話したというが。。。。
posted by ひで at 11:09| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

ライオンの三つ子

 茨城県にある日立市かみね動物園で29年ぶりに誕生したライオンの三つ子の赤ちゃんが、昨日から一般公開されている。
 公開される3頭は、10月8日に生まれたメス2頭、オス1頭で、公開に先立ち園は、オスを「カール」、メスを「ミミー」「ネイミー」と名付けたという。
 父親のウィル、母親のバルミーから文字を採り、3頭の頭文字で園名の「カミネ」になるようにしたという。
posted by ひで at 11:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

決闘

 中学生12人が互いに6対6に分かれて殴り合いのけんかをしたとして、決闘容疑などで堺市立中学2校の14歳の男子生徒4人が書類送検し、当時13歳の8人が児童相談所に通告された事が明らかになった。
 警察の発表によると、12人は7月14日午後4時半頃から約10分間、同市内の空き地で乱闘し、うち2人が右目付近の骨を折るなどの重軽傷を負ったという。

 事件の数日前に両校の生徒が「目が合った」とトラブルになり、リーダー格の生徒同士が携帯電話で連絡し、場所や時間を決定し、どちらかのグループ全員が、「ギブ(アップ)」と宣言するまで素手でけんかするというルールだったという。

 ちなみに大阪府警が決闘容疑を適用したのは11年ぶりだそうだ。

posted by ひで at 16:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前橋で小学校2年生の男児が男に切りつけられる

 昨日午後2時45分頃、前橋市立駒形小学校前の路上で、一人で歩いて下校途中の同小2年の男子児童(8)が、無言で近づいてきた男に包丁で顔や手などを切りつけられ、軽傷を負った事件で、近くの無職の男(34)が殺人未遂容疑で緊急逮捕された。
 同容疑者は、「子どもなら殺せると思った」と供述しているという。

 警察の発表では、同容疑者は校門前の路上で、刃渡り18センチの文化包丁で男児の顔を左のこめかみからほおにかけてと、左手の甲を切りつけ、殺害しようとした疑いがもたれている。
posted by ひで at 16:07| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

1人親世帯の相対的貧困率

 厚生労働省は、2007年度の日本の一人親世帯の「相対的貧困率」が54.3%に上るとの調査結果を発表した。
 同数値は母子家庭や父子家庭などの半数以上が貧困状態にあることになり、経済協力開発機構(OECD)の集計では、同機構加盟30か国中で最も高い事も明らかになった。
 同省は10月に国民全体の相対的貧困率を15.7%と発表したが、一人親世帯が貧困率を押し上げていることがうかがえる結果だ。

 相対的貧困率は、国民の所得を順番に並べた時に、真ん中の人のさらに半分の額を「貧困線」と定め、それに満たない人の割合を示したもので、今回の貧困線は、2007年の国民生活基礎調査を基に114万円とされた。

 ちなみに2007年の母子世帯数は約71万7000世帯、父子世帯数は約10万世帯だった。

posted by ひで at 19:57| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良の父親殺害犯の少年に刑事罰

 昨年6月に奈良県大和郡山市で、会社員の父親(当時51歳)を斧で殴り、サバイバルナイフで刺殺したとして、殺人罪に問われた長男(19)(犯行時の年齢は17歳だった)の判決が奈良地裁であった。
 地裁の石川恭司裁判長は「犯行は計画的で残虐。未成年であることなどを考慮しても刑事罰で責任を自覚させる必要がある」として、求刑通り懲役5年以上10年以下の不定期刑を言い渡したという。
 公判中に実施された情状鑑定の中で、長男は「広汎性発達障害」と診断されたこともあった事から、弁護側は「保護処分にし、医療少年院などで教育的処遇を受けさせるべき」と家裁への移送を求めていたが、石川裁判長は「障害が犯行に強く影響したことは認められる」と考慮はしつつも、「被害結果の重大さや、反省態度に欠けることから保護処分は相当でない」と刑事処分を選択した模様だ。
 また犯行の動機については「自己中心的なもので、障害の影響があるとしても酌量すべき余地はない」とした。

posted by ひで at 19:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

トラ・ゾウ保護基金

 絶滅の危機に立つトラやゾウの生息地で、保護活動やいまだに繰り返される密猟等の防止を支援しようと、日本の研究者や保護関係者が特定非営利活動法人(通称:NPO法人)「トラ・ゾウ保護基金」を設立した。
 市民や企業からサポーターを募集し、その会費や寄付金でアフリカやアジアの民間団体や国際刑事警察機構(ICPO)などと協力して、保護活動に取り組む方針だという。
 日本でも沖縄県西表島のイリオモテヤマネコの保護や生態調査なども進めるとしている。

 アジアのトラやゾウは、生息地破壊や密猟などで個体数が急減、絶滅が心配されている。
 またアフリカゾウの生息地は分断と縮小が進み、象牙目当ての密猟もいまだに後を絶たないのが実情だ。
posted by ひで at 10:29| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御堂筋にアライグマ

 昨日午前2時半頃、大阪市北区の御堂筋にいた飲食店店長の男性(45)から「アライグマがいる」との110番があり、駆けつけた府警天満署員が、街路樹の地面から約6メートルの高さ付近で体長約40センチの動物を確認した。
 同生物は尾のしま模様などからアライグマと判断し、同市消防局と連携して網で捕獲しようとしたが、約2時間後、街路樹を下りて逃げ出し、行方がわからなくなったという。

 アライグマは北米原産で、かつてはペットとして輸入されていたが、捨てられるなどして野生化し、農作物を荒らす被害が全国で問題化している。
 現在は、外来生物法で飼育は原則、禁止されているはずなのだが。。。。

posted by ひで at 09:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

フィリピン人一家に滞在許可

 法務省が、昨年10月に強制退去を命じられた神奈川県のフィリピン人、クエバス・ロナルドさん(44)一家に対し、日本滞在を認める在留特別許可を出したことが明らかになった。
 ロナルドさんは1990年に短期滞在ビザで来日後、不法残留しており、妻と3人の子供がいるのだが、昨年8月に摘発され、家族全員が同年10月、強制退去を命じられた。
 同退去命令を受け、一家は「子供は日本語しか話せない」などと命令取り消しを求め提訴していた。
posted by ひで at 16:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競歩大会中に女子高生が。。。

 昨日午前10時頃、埼玉県川島町にある自転車と歩行者専用の道路で、学校主催の競歩大会に参加していた浦和ルーテル学院高校の3年生の女子生徒(17)が脇の土手に仰向けに倒れているのを、巡回中の男性教諭(25)が見つけ、119番し、病院に救急搬送されたが約2時間後に死亡した。
 目立った外傷もなく、病死とみられる。
posted by ひで at 16:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありえないミス

 栃木県足利市の足利赤十字病院で先月、60歳代の男性患者の心臓手術時に、手術で使用した器具から外れた金属製ナット(幅約1・5センチ)を心臓内に残したまま手術を終え、直後に気づいて摘出手術を行っていたことが明らかになった。
 男性は手術の3日後に心不全で死亡しているが、病院側は、ナットが残ったことについて「通常ではあり得ないミス」と認めたが、「死亡との因果関係はない」と説明している。

posted by ひで at 15:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

懲りないJR

 JR鹿児島線大牟田駅構内で、鳥栖発八代行き普通列車が10月30日、制限速度を44キロ上回る79キロで走行し、乗客2人が打撲傷を負った事故で、九州運輸局はJR九州に対し、事故原因の究明と再発防止を求める警告を行ったことを明らかにした。
 速度超過で起こした事故の教訓が生かされてない。。。
posted by ひで at 11:36| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

無理心中か。。。

 昨日午前7時頃、福島県いわき市の波立海岸で、釣りをしていた男性(54)から「人のようなものが二つ海に浮いている」と110番があり、いわき中央署が調べたところ、同市の無職女性(62)と孫の男児(2か月)の遺体である事が明らかになった。

 発表では、2人に目立った外傷はなかったという。
 女性は娘夫婦と孫3人の6人暮らしだが、捜査関係者によると、自宅から女性の遺書が見つかったという。

 女性は病気を患い、孫にも障害があったことから、同署は無理心中を図ったとみている。

posted by ひで at 10:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。