2008年06月15日

楽天が義捐金

 岩手・宮城内陸地震の影響で昨日は中止となったプロ野球の楽天―巨人戦だが、本日は仙台市宮城野区のKスタ宮城で午後1時過ぎから予定通り開催された。
 しかし、試合前には普段の君が代斉唱ではなく、地震の犠牲者を悼んで1分間の黙とうが行われた。

 また仙台に本拠地を置く、楽天野球団と選手会は、被災地の復興に役立ててもらおうと、義援金を100万円ずつ、計200万円を日本赤十字社を通じて送ることも決めたという。
 島田亨オーナーは「被災地の多くが地元の東北地方であり、今後も何らかの形でお役に立ちたい」と語り、高須洋介選手会長は「身近なところで大地震が起き、選手からも何かしたいと声が上がった。ファンあってのプロ野球。僕たちは野球を通じて全力でプレーすることで被災地の皆さんを励ましたい」と話したそうだ。

 また、被災者や野球ファンら様々な感情がある中での試合開催の是非について、島田オーナーは「昨日は余震も続き、安全確保やお客さんの足の確保などの面で、やるべきではないと判断した。遠くから来たお客様には申し訳なかった。今日は交通機関も復旧し、余震の間隔も長くなっていることなどから興行はできると決めた」と説明した。

 東北唯一の球団だけに、こうした活動が震災に苦しむ子供達に勇気と夢を与えて欲しい!
posted by ひで at 19:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100612122
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。