2008年07月12日

RX500

 1970年の東京モーターショーでデビューしたものの、現在では世界にたった1台しかないマツダのコンセプトカー「RX500」が復活し、広島市交通科学館の夏休み中の企画展で約30年ぶりに一般公開される事が明らかになった。
 ランボルギーニカウンタックの様に、ドアが上下に開閉する「ガルウイング」を採用した先進デザインのRX500は、樹脂製ボディーにロータリーエンジンを搭載し、出力250馬力、最高時速約250キロを誇っていた。

 企画展は7月19日から8月31日まで開催されるそうだ。
 詳しい問い合わせは交通科学館、電話082(878)6211までどうぞ!
posted by ひで at 11:29| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102698097
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。