2008年07月20日

女子バレーチームと中学生

 北京五輪の女子バレー代表チームが、岩手・宮城内陸地震で被災した宮城県栗原市の中学生2人を都内に招待して、ユニホームと同じデザインのTシャツ12枚を贈ったそうだ。
 モデルとなったユニフォームは全日本用で、日の丸カラーの赤と白を基調にしたもので、代表選手12人の背番号と名前入りだそうだ。
 栗原市内の10中学で展示する予定だという。
posted by ひで at 09:09| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103225420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。