2008年09月23日

王監督 勇退

 福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が今季限りで監督を勇退する事をご本人が福岡市内のホテルで明らかにした。
 2006年7月に胃がんの手術を受け、07年シーズンに現場復帰して指揮を執ったが、「やはり万全の体調ではなかった」と語ったそうだ。

 1995年に現在のソフトバンクの前身の福岡ダイエーホークスの監督に就任し、5年目の99年にリーグ初優勝を果たし、中日との日本シリーズを制して日本一になった。
 リーグ連覇を達成した翌2000年には、巨人・長嶋茂雄監督との「ON決戦」で2勝4敗で敗れたが、03年に阪神を倒し、再び日本一に輝いている。
 それまで万年Bクラスだったチームを14年間でリーグ優勝3度、2度の日本一に導いた名将である!。

 ワンちゃんお疲れ様でした!!
posted by ひで at 20:42| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。