2008年11月23日

ネット通販OTCで初の副作用患者

インターネットでOTC(市販薬)を購入した30歳代の女性が、昨年の夏に肝障害で入院していた事が、民主党の前原誠司衆院議員の質問主意書に対する厚生労働省によって作成された答弁書で明らかになった。
 ネット販売での副作用報告は初の事だという。


posted by ひで at 21:53| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。