2008年12月07日

千葉県幼女殺害遺棄事件犯人逮捕

 今年9月に千葉県で起きた幼女殺害遺棄事件の犯人として近隣に住む21歳の男が逮捕された。

 既に同容疑者は「遺体を抱きかかえ白い建物の前においた」と犯行を認める供述を始めており、千葉県警は幼女の死因についても詳細を明らかにするとしている。

 同容疑者は母親と2人暮らしで、特別支援学校高等部を卒業後、貸布団会社に勤務していたが、8月下旬から無断欠勤を続け、事件前日に母親からの電話で退職していた。

 会社の上司いわく、会社側からの何度かの電話の末にようやく母親から電話で退職を告げてきたが、お詫びや感謝の言葉は一言もなかったそうだ・・・
posted by ひで at 11:20| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。