2008年12月20日

ロボットの指揮でクリスマスソング

 京都市上京区にある京都第二赤十字病院で昨日、サンタクロースにふんしたロボットの「指揮」のもと、同病院で学ぶ看護専門学生達80人が同病院の入院患者らにクリスマスソングをプレゼントしたそうだ。
 今回指揮をしたのは京都府にある村田機械が開発した薬品や医療機器を運ぶためのサービスロボット「MKR―003」だそうで、同ロボットの運用を今春から月1回、同病院でテストしているのだという。
 ロボットが、同病院のロビーや廊下で、腕を上下させるユーモラスなしぐさでタクトを振るなか、看護学生らがろうそくを手に、「きよしこの夜」や「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングを合唱したそうだ。
posted by ひで at 10:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。