2009年01月04日

箱根駅伝

 第85回東京箱根間往復大学駅伝競走が終わった。
 連覇を狙った優勝候補の駒大は総合13位に終わり、13大会ぶりにシード権を逃した。ちなみに前回優勝校がシード落ちするのは、途中棄権(1996年の山梨学院大、2008年の順大)を除けば史上初めての事だという。
 また前々回優勝の順大も19位に沈むなど、強豪校でも下位に転落している。

 今回、これまで無名だった上武大が初出場を果たしたように、実績がなかった大学も、強化や選手集めに力を入れている事からも、各大学の力が伯仲してきていると指摘する声も多いと聞く。
posted by ひで at 07:04| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112110286
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。