2009年02月01日

大東亜戦争の英霊達帰国へ

 大東亜戦争で捕虜となり、後に死亡した日本兵ら約6000人の氏名、埋葬場所などを記したリストが米国立公文書館で確認された事がわかった。
 佐賀県にあるNPO法人「戦没者を慰霊し平和を守る会」の依頼を受けた調査会社が見つけたのだという。
 英霊達の埋葬場所は米ハワイやインドネシア、フィリピン、インド、沖縄など広範囲にわたり、遺骨の特定が進んでいなかった南方の戦域での遺骨発見や人物の特定につながる貴重な資料となりそうだと期待されている。

 今回発見されたのは、米国の戦争捕虜に関する情報機関が1952年3月に作成した「日本兵捕虜死亡者リスト」だ。
 計約400ページで、日本の軍人、軍属について、一部重複の可能性があるが、5979人のローマ字表記の氏名、所属階級、捕虜番号、死亡日、死因、埋葬場所の墓地名が記されているという。
 同NPO法人は戦没者の遺骨・遺品収集と遺族への返還をボランティアで行っており、昨年7月、フィリピン・レイテ島のパロ地区の住民から「米軍が日本兵を埋葬した」という目撃情報を得たため、米軍資料の調査などを手がける「ニチマイ」に依頼していたという。
 「ニチマイ」社が昨年8〜11月、米国立公文書館でレイテ島の戦闘報告書など数万枚を調べ、リストを発見したそうで、パロについては、墓地の位置を示す地図も見つかったという。

 同会では今後、リストに掲載された氏名などを会のホームページに掲載して情報を募るとともに、地図が見つかったパロには4月にも訪れ、遺骨の発見を目指す方針だといい、英霊達が眠る異国の地から我が国へ帰国していただく事が叶いそうだという。

 厚生労働省も来年度から、日本兵の埋葬場所などを特定できる資料があるかどうか、戦勝国の軍事資料調査に乗り出す事を明らかにしており、「これまで捕虜の埋葬場所を記した資料を確認したことはない」としているだけに国家と民間が協力して今はなき英霊達の帰国をサポートできそうだと期待されている。
posted by ひで at 10:06| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113498356
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。