2009年02月01日

岡山県の医療法人が水増し請求

 岡山県は、総社市に本部を置く医療法人「雄栄会」が運営している介護施設等5事業所が、5年間にわたって介護報酬約1億4000万円を不正に受給していたと発表した。
 県の発表によると、この5事業所は2003年から08年にかけて、1か月あたりの利用者数を2〜14人、水増しして報告したり、看護師や理学療法士がいるように装ったりして加算額を水増しする等の手口で計約1億4000万円を架空に請求していたという。

 県は、すでに廃止になっている1事業所を除き、利用者がいない1事業所は30日付で指定を取り消した。
 また、85人が利用するのこりの3事業所は2月28日付で介護施設の指定などを取り消す方針だという。
 これらの事業所の利用者の事後の受け入れ先は、雄栄会が探すとしている。
posted by ひで at 10:22| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113498773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。