2009年02月08日

外務省が明治期の外交文書公開へ

 我が国の外務省がホームページで、明治期の外交文書の公開を始めた事がわかった。
 同省がまとめた史料集「日本外交文書」のうち、1867年(慶応3年)から1912年(大正元年)までの86冊(約8万ページ)分の画像データが公開されているという。
 本公開データには、日清戦争や日英同盟に関する記録、岩倉使節団以来の不平等条約改正交渉の記録などが含まれている事になる。
 実は日本外交文書は戦前の1936年から編集作業が始まり、これまでに201冊が刊行されているのだが、これまでも国立国会図書館などで閲覧できてはいたのだが、時代の古いものは数冊しか残っていないため、ホームページで広く公開することにしたという。
 外務省は今後、残りの文書もデジタル化して公開する方針だというから我々歴史ファンにはありがたい!。
posted by ひで at 21:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。