2009年03月07日

京都府不正経理問題で処分

 京都府は、会計検査院に指摘された補助金の不正経理と総額1385万円にも上ったいわゆる裏金問題で、職員36人を処分し、山田啓二知事ら6人の給与を減額する事を発表した。
 処分される36人のうち懲戒処分は20人になった。
 内訳は、職員長ら6人を減給10%(1か月)、裏金の見つかった中丹広域振興局の局長ら14人を戒告としたという。
 なお懲戒処分以外では訓戒5人、文書注意11人だった。
posted by ひで at 08:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。