2009年03月15日

近鉄横断特急

 3月20日の阪神なんば線(尼崎―近鉄難波)開通で、私鉄では国内最長の約250キロを走破する特急が実現に向けて踏み出す事が明らかになった。
 近鉄線が走る三重県・伊勢志摩と山陽電鉄の走る兵庫県姫路市を結び、4府県と鉄道4社にまたがる特急〈通称:近畿横断特急〉が計画されているそうだ。
 主役となるべく近鉄は各社に熱いラブコールを送り、早ければ数年後の運行を目指しているという。

 同特急は近鉄の賢島駅から近鉄大阪線や阪神なんば線などを通り、神戸市の第3セクター神戸高速鉄道が運営する神戸高速東西線を経由し、山陽電鉄本線を通って山陽姫路駅に乗り入れるのだという。
 なんば線開通時は、賢島―姫路は各線を乗り継いで約4時間かかるが、それを一気に短縮化できる。

posted by ひで at 15:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115686594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。