2009年03月29日

部活中のしごきに賠償金判決

 2003年に福島県須賀川市立第一中学校で当時1年生だった女子生徒(現在は18歳)が柔道部の部活中に頭を打ち、重度の障害を負った事故で、女子生徒と両親が、県と市、当時2年生だった男子生徒(19)らを相手取り、約2億3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福島地裁郡山支部であった。
 判決の中で見米正裁判長は、県と市などに約1億5500万円の支払いを命じた。

 女子生徒は2003年10月、顧問教諭がいない中、当時部長だった男子生徒に複数回、投げ技をかけられ、急性硬膜下血腫で意識不明となり、現在も寝たきりの状態となっている。
 判決は、女子生徒が事故の約1か月前、練習中に脳内出血を起こして入院した事実を指摘し、「学校側は入院を認識していたのに、柔道部員に伝えるなど具体的な対策をほとんど取らなかった」と話した。
 男子生徒の行為も「練習の範ちゅうを逸脱した暴行」と認定し、総額のうち約300万円を県、市と連帯して支払うよう命じる判決を下した。

 県と市は、「判決を精査したうえで対応を検討したい」としている。

posted by ひで at 12:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116387232
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。