2009年03月29日

法科大学院評価結果

 法科大学院の評価機関「大学評価・学位授与機構」は、2008年度の大学院16校の評価結果を公表した。
 関西系の同志社大、神戸学院大の2校は、教育内容が基準を満たしていないとして不適合と認定された。
 法科大学院74校中、今回を含め47校の評価が終わり、不適合は10校に上った事になる。
 ちなみに不適合が出ると、文科省が調査して指導する事になっており、同志社大、神戸学院大も指導が行われる。

 同志社大は一部科目の期末試験で、結果の確定前に、不合格相当の学生に筆記などで理解度を確かめる「再評価」をしており、2回の評価で試験結果を出すことが客観的でないと判断されたという。
 神戸学院大は一部科目で4割弱の出席率でも定期試験を受けられたことや、法学未修者の入学選抜では法律の知識を問わないことが原則なのに、試験要項に知識を評価することが記載されていた事が原因の様だ。

 一方、別の大学評価機関「日本高等教育評価機構」も同日、大学評価の結果を発表し、58大学のうち、志学館大、鈴鹿医療科学大、第一工業大、多摩大、名古屋産業大の5校について、不適切な理事会運営や教員数の不足などを理由に判定を保留、3年以内の再評価の申請を求めた事も明らかになった。

posted by ひで at 12:43| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116388393
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。