2009年05月05日

子供人口減少

 「こどもの日」にあわせて総務省から発表された4月1日現在の推計人口によると、日本の子どもの数(15歳未満の人口)は前年比11万人減の1714万人で、比較可能な1950年以降の最少記録を更新した事が明らかになった。
 子どもの数の減少は28年連続となり、総人口に占める子どもの割合も13・4%と過去最低で、35年連続で低下した事もわかった。

 子どもの数を性別で見ると、男子が878万人、女子が835万人で、年齢階層別では、中学生360万人、小学生702万人、3〜5歳が323万人、0〜2歳は328万人だった。
 出生数が若干増えているため、0〜2歳の方が3〜5歳を5万人上回っている。

 ちなみに子ども以外の年齢層が総人口に占める割合は65歳以上が22・5%で、15〜64歳は64・1%だった。

posted by ひで at 07:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。