2009年05月16日

国内初の海外渡航経験のない新型インフルエンザ患者

 厚生労働省は、神戸市内の県立高校に通う3年男子生徒(17)について、新型インフルエンザ感染が確認された事を明らかにした。
 今回の感染は水際の検疫以外では国内初の感染確認となり、同じ県立高校に通う2年男子(16)と2年女子(16)も発熱などを訴え、遺伝子検査で陽性を示し、国立感染症研究所で最終確認検査を行っている模様だ。
 ちなみに3人はいずれも海外渡航歴がないという。
 また大阪府でも疑いのある症状を訴える患者が発生している模様だ。

 国内で新型の感染者が出た事で、政府の新型インフルエンザ対策本部は、政府としての行動計画を現在の第1段階である「海外発生期」から、第2段階の「国内発生早期」などへ引き上げる見通しを明らかにした。
 今後の対策の重点も検疫などの水際作戦から、国内の感染拡大防止策に移る事は必至だ。

posted by ひで at 19:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119629527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。