2009年05月24日

昭和大学病院

 昭和大学病院が、兵庫県や大阪府で新型インフルエンザの感染者が確認された後の今月18日から、神戸市など発生地域に一定期間滞在した人を対象に、入院患者への面会自粛を求めていることが明らかになった。
 同病院は「院内の患者への感染を予防するため。今後も継続する」と表明している。
 一方で、都感染症対策課は「面会者に一律にマスクを配布すれば十分ではないか」との考えの様で、面会自粛の効果を疑問視しているという。
posted by ひで at 10:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。