2009年06月13日

教師が無免許で12年間もマイカー通勤

 長野県波田町教委は、町立波田中学校の男性教諭(39)が1度も運転免許をとったことがないにもかかわらず、12年間にわたって車で通勤していたことを明らかにした。
 安曇野署は、教諭を道交法違反容疑で地検松本支部に書類送検した。

 町教委によると、教諭は1993年に教員となった後、教習所に通い、仮免許をとったが、そのまま失効してしまっていたのだという。
 1997年に南信地方の公立中学に赴任した後、無免許のまま、同僚から譲り受けた車で通勤するようになり、出張にも使っていたといい、波田中も含め、3校で無免許通勤を続けたというからあきれ果てる。

 今年1月17日午後、安曇野市内で一時不停止で摘発された際に、無免許が発覚したのだそうだ。
 同教諭は翌18日に、学校側に報告したが、同校では学年末まで、教諭を担任から外さず、教壇に立たせていたというから学校側の管理体制にも疑問を抱かずに入られない。
 さらにあきれたことには他の教員や保護者にも説明しなかったという。
 同教諭は3月下旬から病気療養のため休んでいるというが、県教委が今後、処分する方針だという。
 しかし処分するのは同教諭だけ??
posted by ひで at 08:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。