2009年07月04日

長野で不振な電話相次ぐ

 長野市教委は、6月27日から7月2日の間に、長野市内の小中学生のいる家庭に、関西なまりの女性の声で「クラスの友達の名前や電話番号を教えて」と求める不審な電話が5件あり、小中学校6クラス分、計205人の氏名や電話番号などが流出した事を発表した。
 同市の教育委員会によると、電話は5件とも夕方にあり、保護者の不在を確認してから、児童生徒から情報を引き出していたという。
 6月27日に中学生宅にかかった電話は、「長野市に新しくできた『子ども110番』の小林だが、本を配りたい」という内容だったという。

posted by ひで at 20:35| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122796670
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。