2009年07月11日

事故ではなく虐待死だった

 東京都練馬区のマンションで昨年12月、2歳の男児がゴミ箱の中で死亡していた事件で、警視庁は、男児の父親で建築業の男(34)、母親(34)の両被告(傷害罪などで起訴)を監禁致死容疑で再逮捕した。
 発表によると、両容疑者は昨年12月23日未明から同日午後4時頃までの間、自宅の和室にあった容量50リットルのプラスチック製のゴミ箱(高さ約80センチ)に長男を押し込んだうえ、ふたをして自力で脱出できない状態にしたまま放置し、窒息死させた疑いがもたれている。
posted by ひで at 08:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123253706
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。