2009年08月02日

西日本パス完全乗り放題ではありませんでした

 JR西日本が「乗り放題」をうたって販売した格安切符「西日本パス」について、同パスを使用した際に実際には別料金がかかる場合があったとして、公正取引委員会が景品表示法違反(優良誤認)で同社に排除命令を出す方針を固めた事が明らかになった。
 JR西日本は格安切符について説明したパンフレットで、JR西、四国、九州の一部区間で新幹線と在来線特急などが「乗り放題」であるかのように表示していたが、実際には第3セクターなどに乗り入れている区間で別料金が発生するケースがあったという。

 パンフレットには「その他会社線はご利用になれません」と小さく表示していたが、公取委では、この表示方法では消費者が正しく内容を理解できず、誤解を与えかねないと判断した模様だ。

posted by ひで at 10:03| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。