2009年08月15日

社会福祉法人で新型インフルエンザ集団感染

 大阪府枚方市にある社会福祉法人「枚方療育園」が、運営している重症心身障害児施設の男性入所者(29)が新型インフルエンザに感染して呼吸困難に陥り、人工呼吸器を使用している事を発表した。
 男性のほかにも同施設の女性看護師も感染し、他の男性入所者や、併設する職員用保育園の女性保育士ら計5人からA型ウイルスの陽性反応が確認されているという。
 こうした現状から大阪府は集団感染の可能性が高いとみている模様だが、患者らはいずれも快方に向かっているという。
posted by ひで at 08:05| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。