2009年08月15日

佐用町でボランティアのおにぎりが原因で食中毒

 台風9号による豪雨で被害を受けた兵庫県佐用町平福に住んでいる、5世帯計10人が嘔吐や腹痛を訴えた事が明らかになった。
 この10人は10〜82歳で、男性6人、女性4人で、そのうち女性2人が入院したが、幸い全員が軽症で、快方に向かっているという。

 県によると、全員が被害の復旧のために同町で活動しているボランティアからもらったおにぎりを食べたといい、県龍野健康福祉事務所などは食中毒の疑いもあるとみて調べているという。

 ボランティアの方々の気持ちを察すると堪らない・・・。一日も早い衛生面での整備を自治体にお願いしたい!

posted by ひで at 08:18| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。