2009年09月22日

新型インフルエンザワクチン

 厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの接種費用を全国一律にする方針を固めた。
 保険診療扱ではない予防接種は、一部を除いて費用が医療機関ごとに異なるのが通例だが、接種を請け負う医療機関に金額をあらかじめ示す方向で検討し、地域や施設で格差が出ないよう配慮する方針だという。
 現在のところ、新型インフルエンザワクチンについて、接種費用を自己負担してもらうよう調整しており、2回接種で6000〜8000円程度になる見込みだという。
 なお生活保護世帯など低所得者は負担を軽減する予定で、10月下旬から、まず医療従事者に接種し、来年3月までに計約5400万人に打つ方針だとしている。
posted by ひで at 15:19| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。