2009年09月22日

王氏また手術

 ソフトバンク球団は、王貞治前監督(69)が東京都内で腸閉塞の治療と胆のう摘出の手術を昨日受け、無事終了した事を発表した。
 王前監督は2006年に胃がんの手術を受けているが、この日ヤフードームで記者会見した木村寛広報室長によると「胆石症と腸閉塞は今回が初めて。がんとは関係がない」そうで転移ではないそうだ。
 球団によると、王前監督は11日ごろから腹部の痛みを訴え、14日に検査入院していたが、19日に内ヘルニアによる腸閉塞に加えて胆石症が判明し、内視鏡による手術を受けたのだそうだ。
 術後は長くても10日ほどで退院できる見込みで、24日に出席予定だった東京都名誉都民顕彰式は欠席し、代理を立てる予定だという。
posted by ひで at 15:42| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。