2009年10月18日

加藤和彦さん自殺

 長野県軽井沢町のホテル客室の浴室で首をつって死んでいた男性が、音楽プロデューサーの加藤和彦さん(62)と確認された。

 室内で見つかった2通の遺書には、音楽に対する悩みなどがつづられていたとされ、警察では自殺とみている。

 捜査関係者によると、遺書は、音楽関係者とホテルあてで、印字されており、宿泊前に用意されていた可能性が高いというから覚悟の自殺だった事になる。

 「帰って来たヨッパライ」や「あの素晴しい愛をもう一度」などのヒット曲で知られる加藤さんは、これまでにも多彩な音楽活動を行い、最近まで現役として活躍していた事でも知られている。

 伝説のバンドである「ザ・フォーク・クルセダーズ」解散後はロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を結成し、73年に初アルバムを発表している。
 また海外でも公演し、日本のバンドが世界進出する先駆けとなった事でも知られている。
 さらに、作曲家として、妻だった作詞家の安井かずみさんとのコンビで作った楽曲も多く、映画音楽なども手がけていた。
 ご冥福をお祈りします
posted by ひで at 10:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。