2009年11月07日

フィリピン人一家に滞在許可

 法務省が、昨年10月に強制退去を命じられた神奈川県のフィリピン人、クエバス・ロナルドさん(44)一家に対し、日本滞在を認める在留特別許可を出したことが明らかになった。
 ロナルドさんは1990年に短期滞在ビザで来日後、不法残留しており、妻と3人の子供がいるのだが、昨年8月に摘発され、家族全員が同年10月、強制退去を命じられた。
 同退去命令を受け、一家は「子供は日本語しか話せない」などと命令取り消しを求め提訴していた。
posted by ひで at 16:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。