2009年11月08日

御堂筋にアライグマ

 昨日午前2時半頃、大阪市北区の御堂筋にいた飲食店店長の男性(45)から「アライグマがいる」との110番があり、駆けつけた府警天満署員が、街路樹の地面から約6メートルの高さ付近で体長約40センチの動物を確認した。
 同生物は尾のしま模様などからアライグマと判断し、同市消防局と連携して網で捕獲しようとしたが、約2時間後、街路樹を下りて逃げ出し、行方がわからなくなったという。

 アライグマは北米原産で、かつてはペットとして輸入されていたが、捨てられるなどして野生化し、農作物を荒らす被害が全国で問題化している。
 現在は、外来生物法で飼育は原則、禁止されているはずなのだが。。。。

posted by ひで at 09:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132314330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。