2009年12月05日

新型インフルエンザワクチン被害救済策

 厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの使用で重い健康被害が発生した場合に、医療費や遺族年金などを給付する救済制度をスタートさせた。
 また本救済制度では、ワクチンによる副作用だけでなく、医師の技術的なミスで起きた健康被害も救済される事になった。
 4日施行の新型インフルエンザ特別措置法に基づく制度で、施行前の接種で生じた健康被害も救済対象になるという。
 仮に生計維持者が死亡した場合には、その遺族に年間約237万円の遺族年金が10年間支給され。、さらに約19万円の葬祭料が支給される。
 また生計維持者以外の死亡では遺族に一時金約713万円と葬祭料を給付するという。


posted by ひで at 23:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。