2011年01月10日

北大津遺跡から出土の木簡から新たな発見

天智天皇の近江大津宮に関連すると推測されている滋賀県大津市にある北大津遺跡(7世紀後半のものと推測)から出土した「音義木簡」を、奈良文化財研究所が約30年ぶりに再調査したところ、解読できた文字数が、前回調査した33年前と比較して約2倍の49文字に増えたことが明らかになった。
 漢和辞典のように漢字の訓読みや意味を示した木簡で、情報量が増えたことで、今後は、より詳細な研究が可能になり、日本語の音韻や漢字を使った表記の変遷をたどる上で貴重な史料になりそうだと期待されている。

 解読された木簡(長さ68・5センチ、幅7・4センチ)は1973年に、滋賀県教委の調査で出土した、同県内で初めて見つかった木簡で、同県警鑑識課が撮影した赤外線写真を使って調査した結果、1977年に、約50文字が残り、うち26文字を解読できたことが報告されていた。
 しかし現在は、劣化の為、墨書が薄れて文字が読めなくなり、赤外線写真のフィルムも劣化して現像できなくなっている事から、昨年8月、奈良文化財研究所が新たに赤外線撮影したところ、79文字以上が残っていることがわかり、うち49文字を解読することができたのだという。

 「費」に「阿多比(あたひ)」、「鎧」に「与里比(よろひ)」などの訓を、漢字1字を日本語の1音にあてて記していることが新たに判明し、「慕」を「尼我布(ねがふ)」とする訓などが平安時代の辞書にも書かれており、この読み方が、7世紀後半にさかのぼることが明らかになったという。

 また、木簡に書かれた文字は上下二つのまとまりになっており、文字の出典が複数ある可能性があるという事も今回の調査で明らかになったと言う。

posted by ひで at 11:34| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179941299
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。