2006年07月21日

この裁判・・温情判決した裁判官に拍手したい!

 介護疲れと生活苦から認知症の母親(当時86)を合意の上で殺害したとして、承諾殺人罪などに問われた無職の男性(54)に、京都地裁は本日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
 東尾龍一裁判官は判決理由で「毎日のように昼夜介護していた苦しみや悩み、絶望感は言葉では言い尽くせないものがあった」と述べ、「命を奪った結果は取り返しがつかず重大だが、社会で生活する中で冥福を祈らせることが相当」と、執行猶予の理由を説明した。
 また、生活保護の受給で被告が社会福祉事務所に相談した際、「頑張って働いてください」と言われ、受給できなかったことを指摘し、言い渡し後の説諭で「介護保険や生活保護行政の在り方も問われている」と強調し、「社会福祉事務所の対応に被告が『死ねということか』と受け取ったのが本件の一因とも言える。行政にはさらに考える余地がある」と批判したという。
 判決は、被害者の心情について「献身的な介護を受け、最後は思い出のある京都市内を案内してもらうなど、被告に感謝こそすれ、恨みを抱くことはないと推察される」と述べ、献身的な介護の状況から「命の尊さへの理解が被告に欠けていたとは断定できない」と判断した。
 
 この裁判は私も注目していた・・・。しかしこの判決は驚くべき温情判決だ・・・。本来殺人事件では3年が最低の懲役刑だが、それをもこえる短さで、且つ執行猶予・・・。でも裁判官に賛辞こそあれ否定的な意見はない!
 素晴らしい判決じゃないか!
 行政の人はこの判決見てるか!?
 なぜ「生活保護はだめですね!」の後に「でも失業保険が切れたらもう一度相談にきなさい」といえなかったのか・・・。
 お前らには優しさのかけらも無いんか!失業保険を受けてるからあかんのはわかるわい!でもな、なぜその後の事をそうだんする余地を与えないのだ!
 お前らはこうした人を救うのが仕事ちゃうんか!
 しかしこの裁判最初から異例つくしだった。
 検察側もこの男性に同情的だったし、この判決の裏には裁判官や弁護士、検事らの本当の正義感があったと思う。私はこの裁判を傍聴したわけではないが、聞くところではそこにいた人すべてが泣いたという・・・。
 検事が「この被告は生まれ変わってももう一度この母の子で生まれたいと語っている」という発言を行うなど普通はありえない・・・。でも検事も人の優しさを隠せなかったのだろう・・・。
 「被告に感謝こそすれ、恨みを抱くことはないと推察される」と述べた裁判官の発言も私は聞きながら涙が出た・・・。
 この裁判に関係したすべての人を私は称えたい!
 正義をありがとうと!!
posted by ひで at 18:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

介護疲れで母を殺害した息子に執行猶予・・・。この判決を行政はどう考えますか
Excerpt:  介護疲れと生活苦から認知症の母親=当時(86)=を合意の上で殺害したとして、承諾殺人罪などに問われた無職男性(54)に、京都地裁(東尾龍一裁判官)は、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役3年)の判決..
Weblog: 介護・医療について考えるブログ
Tracked: 2006-07-21 18:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。