2007年01月11日

NHKの責任問題はどうなるの?

 大みそかのNHK紅白歌合戦で抗議電話殺到の“乳出し”パフォーマンスを行ったDJ OZMAの関係者が、同局に謝罪文を提出していたことが明らかになった。
 同局によると、謝罪文は9日に所属事務所と所属レコード会社の東芝EMIの関係者が提出したという。
 最終カメラリハーサル(12月30日)とは違うパフォーマンスを、生放送の本番にぶつけたことを認める内容のようだ。
 また、音楽関係者によると、OZMAの事務所幹部と東芝EMI幹部が、ここ3日間ほどNHKに呼ばれ、連日話し合いを続けていたという。
 OZMAは今後レコーディングに入る予定で、OZMAが今回の紅白の件で対応することはないという。

 OZMAのステージでは、女性ダンサーたちがトップレスに見えるボディースーツを着用して踊り「子供が見ている時間にふさわしくない」などの抗議電話が約750件寄せられた。

 当初「演出の一部として認めた」としていたNHK側が直後に「リハーサルと違う内容で、知らなかった」と見解を一転させたことから真相がさまざまに伝えられたが、OZMA側の不規則行動ということで収拾を図った形だ。
 同局は「事務所とレコード会社の方から経緯と詳細をうかがった」とした上で「結果的に紅白にふさわしくないパフォーマンスを放送して視聴者の信頼を損なうことになり、こちら側にもチェック上の非はある」とする。
 今後のOZMAのNHK出演については「特に方策はないが、現実的にすぐ出演ということはない」とした。

 馬鹿馬鹿しい!NHKこそ確信犯やないか!
posted by ひで at 22:16| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31251730
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。