2007年02月03日

日テレアナウンサー転落死

 育児休業中だった日本テレビアナウンサー大杉君枝さんが昨日早朝、東京都渋谷区の自宅マンションから転落死した。43歳だった。
 遺書らしきものがあり、警視庁は自殺とみて調べているという。
 大杉アナは02年夏に再婚し、昨年10月に民放キー局アナウンサーの初産としては最高齢で出産した。
 産後、育児をしながら、全身に痛みが出る線維筋痛症の治療中だった。
 家族からの連絡によると、首から全身に痛みが走る病気で、医師から「原因は不明」と説明されていた。
 人によっては痛み止め薬が効かないこともあるが、大杉アナは、今月11日で生後4カ月になる男児を育てながら、全身の痛みとも闘っていたという。

 日本テレビにはこの日夕方、大杉アナの家族から伝えられた。
 家族からは亡くなった場所や死亡原因など詳細は明かされなかった。
 悲報に接した同じアナウンサー出身で先輩にあたる女性スタッフは、対応に追われながら涙をこぼしたという。
 この日夜になって、同社社員の間にも「大杉アナが飛び降りたらしい」との情報が駆け巡った。

 大杉アナの自宅マンションは8階建てだが、転落した場所や、当時の様子は明らかになっていない。
 都内の自宅マンションの住人は「亡くなったという話は聞いたのですが、はっきりしたことは何も…」と話した。
 深夜になり、マンション前に30人を超える報道陣が集まると、夫が勤務する大手広告代理店の広報担当者が対応し、「(遺族は)憔悴しきっているので、そっとしておいて欲しい」と願った。

 離婚歴のある大杉アナは、02年夏に再婚した。
 昨年10月11日、43歳で男児を高齢出産した。
 民放キー局アナウンサーの初産としては最高齢での出産で、話題になった。
 妊娠を公表後から、同局にも全国の女性から激励の声が寄せられた。
 無事に男児が誕生したときには、全国から祝福を受けた。

 同局の育児休業の規定は、出産後、子どもが1歳の誕生日を迎えた直後の4月までになっており、大杉アナは08年4月までが育児休業期間だった。 休業明けはアナウンサーとして復職する予定だった。
 この日夜、同局の総合広報部は「アナウンサーとして今後、さらなる飛躍が期待されている中で、突然の悲報に驚いております。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。
 通夜、葬儀は、親族のみで行われる。

posted by ひで at 12:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。