2007年02月16日

オオサンショウウオがそっくりな外来種におわれる?

 国の特別天然記念物オオサンショウウオに姿がそっくりな外来種が中国から日本に入り込み、河川で繁殖している可能性が高いことが、京都大の松井正文教授(動物系統分類学)の調査で分かった。
 チュウゴクオオサンショウウオという種類で、過去にペット用や食用として持ち込まれたものが自然界に広がったとみられるという。
 そのせいで日本固有種のオオサンショウウオが駆逐されたり、交雑によって遺伝子が乱されたりする恐れがあるという。
 国内では以前から、「体の模様が普通のオオサンショウウオと違うものがいる」という情報があった。
 しかし、オオサンショウウオは個体によって体の色が様々で、外見だけでは区別が難しい。

 そこで、松井さんは、三重、大阪、岡山、大分など14府県でDNA調査をしたという。
 皮膚から採取したミトコンドリアDNAを分析したところ、京都府の川の4匹、徳島県の水路の1匹が、中国の揚子江流域などに広く生息するチュウゴクオオサンショウウオの遺伝子型と一致したそうだ。
 若い個体も交じっていたことから、日本で繁殖した可能性が高いとみている。

 国際自然保護連合(IUCN)日本委員会によると、チュウゴクオオサンショウウオはワシントン条約で商取引が禁止されている。
posted by ひで at 22:34| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33842733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。