2007年02月25日

星の子供の分布

 星の素になるガスが、銀河の中で分布している様子をとらえたデータベースを国立天文台が作りウェブサイトで公開された。

 星は、宇宙空間にあるガスの塊が収縮してできると考えられていて、ガスの分布がわかれば、星の形成を知るのに役立つが、目に見える光(可視光)では観測できないので、電波望遠鏡による観測が行われている。

 国立天文台の研究グループは、ガスの分布を示す一酸化炭素(CO)分子の濃度を観測する直径45メートルの電波望遠鏡(長野県南牧村)の受信装置を改良することで、これまでの25倍の効率で観測できるようにした。
 01年から観測を始め、約8000万光年以内にある40の渦巻き銀河のデータを集めたという。

 研究に携わった中井直正・筑波大教授は「今後も観測を続けて、100カ所ほどに増やしたい」としている。
posted by ひで at 08:06| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。