2007年03月11日

イリオモテヤマネコ

 沖縄県・西表島に生息する特別天然記念物で、絶滅の危機にあるイリオモテヤマネコの生態調査を効率的に行うため、非政府組織(NGO)アマゾン未来協会(代表・作家山根一眞氏)の研究チームが、持ち運びできる自動観察装置の試作機を開発した。
 将来は希少動物の調査だけでなく、火山活動の監視などにも活用が期待されるという。
posted by ひで at 08:23| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35690864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。