2007年03月27日

植木等さん天へ

 コミックバンド「クレージーキャッツ」のメンバーとして「スーダラ節」を大ヒットさせ、高度成長期のサラリーマンの悲哀を笑いに転化させた映画「無責任男」シリーズで知られる俳優の植木等さんが本日午前10時41分、東京都内の病院で、呼吸不全のため死去した。80歳だった。
 葬儀は近親者のみで行うという。
 後日、お別れの会を開く予定だという。

 三重県の浄土真宗・常念寺の住職の息子で、小学6年で僧侶の修行のため東京に出た後に、東洋大を卒業し、57年にハナ肇さんが結成した「クレージーキャッツ」に参加した。
 61年にテレビのバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」にグループで出演し、「お呼びでない」などのギャグが当たった。

 この年、「わかっちゃいるけどやめられねえ」のフレーズで知られる、青島幸男さん作詞の「スーダラ節」が大ヒットしている。
 62年の映画「ニッポン無責任時代」(古沢憲吾監督)での「無責任男」は代名詞になった。
 いい加減で底抜けに明るく、要領の良さだけで出世街道をゆくサラリーマンを演じ、時代の寵児になった。

 70年代後半からは性格俳優に脱皮、85年に黒澤明監督の「乱」に出演した。
 木下恵介監督「新・喜びも悲しみも幾歳月」などの演技で、87年に日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。
 著書に父の生き方を描いた「夢を食いつづけた男」がある。
 93年に紫綬褒章、99年に勲四等旭日小綬章を受けた。

 植木のお父さんお疲れ様でした!
 ありがとう!
posted by ひで at 23:34| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。