2007年05月04日

水星の内部の様子が判明か

 太陽に最も近い惑星の水星は、地球のように内部に液体の核がある可能性が極めて高いと、米国とロシアの観測チームが発表した。
 岩石や金属でできた「地球型」惑星では、水星と地球だけがいまも磁場をもつため「液体核」などの共通点があると指摘されていたが、その「証拠」が初めて得られた形だ。
 観測チームが地上のレーダーを使って水星が反射する電波をとらえ、動きを詳しく調べた結果、水星の自転にわずかな「ゆらぎ」があることなどを確認し、「核の少なくとも一部は溶けている」と結論づけたという。
 液体核が存在する可能性は「95%」としている。

 地球では、液体核の対流が磁場を保つ働きをしているとされる。
 ただ、水星の重さは地球の5%ほどしかなく、なぜ内部が核を溶かすほど高温になるのか、どんな物質が溶けているのかなど、実態はわかっていない。
 今回の成果は、惑星形成や磁場が維持される仕組みを知る手がかりになると期待されている。
posted by ひで at 08:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。