2007年05月04日

未来のスパコン

 スーパーコンピューターで1000万年かかる計算を数十秒で解くとされる未来の超高速計算機「量子コンピューター」の基本回路をNECや理化学研究所などが開発した。
 実現に一歩近づく成果だと期待される。

 量子コンピューターは、電子の回転など極微の粒子が持つ特殊な性質を利用するもので、NECなどは、極低温で電気抵抗がゼロになる超電導状態のアルミ薄膜を回路に用いる研究を続けてきたという。

 基本的な計算をさせるための前提条件として、二つの回路をつないだり、切り離したりするスイッチのような仕組みが求められていたが、NECナノエレクトロニクス研究所の蔡兆申・主席研究員らは、2回路の間に制御用回路を挟むことでこの技術を可能にしたのだそうだ。

 量子コンピューターの実用化は10年以上先と見られる。
 今後の課題は計算方法と回路の改良という。

posted by ひで at 08:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。