2007年05月27日

地球温暖化

 南極大陸の内陸部で一昨年、氷床を覆う雪が広範囲でとける異常事態が起こっていたことが、わかったそうだ。
 人工衛星でとらえたデータの分析で、米航空宇宙局(NASA)が発表したもので、南極の内陸でこうした大規模融雪が確認されたのは初めてだそうだ。
 観測チームは「南極の内陸で発生した、地球温暖化の影響とみられる最初の兆候。融雪地域の長期観測が必要だ」としている。

 大規模な融雪が起こったのは05年1月だったそうだ。
 南極大陸の西部を中心に、海岸から900キロも内陸に入った場所や、標高2000メートルを超える高地でも発生しており、全体では、米国カリフォルニア州(面積約42万平方キロ)に匹敵する範囲で融雪が確認されたという。

 当時、融雪が起こった一帯では最高気温が5度を超すなど、「異常な高温」が1週間ほど続いたという。
 観測チームによると「過去30年間で最も深刻な融雪」という。

 南極ではこれまでも、南米側に突き出た南極半島で棚氷が海に崩落するなど、温暖化の影響とみられる現象が起こっている。
 しかし、観測チームによると、これまでは分厚い氷床に覆われた内陸部では、温暖化の影響と判断できる現象はほとんど確認されていなかった。

 とけた雪は氷床の割れ目にしみ込んだり、氷床上で再凍結したりして、海には流れ込まなかったとみられるが、観測チームは「より大規模な融雪が起これば、氷床にしみ込んだ水で、氷床自体が滑りだし、海に押し出されてしまう恐れがある」と警告している。

 地球温暖化が叫ばれて久しいが、いよいよ目に見える温暖化が始まったのだろうか。
posted by ひで at 11:13| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。