2007年06月02日

今度は毒入り歯磨きだそうで中国よ!ご苦労さん!

 中国産の食品や医薬品から有毒物質が発見されている問題で、今度は有毒化学物質ジエチレングリコール(DEG)が混入した中国製練り歯磨きが米国内で見つかり、米食品医薬品局(FDA)は、消費者に対して中国製練り歯磨きを使用しないよう警告したという。

 DEGが混入した中国製練り歯磨きはパナマ、ドミニカ共和国、オーストラリアで相次ぎ見つかっており、FDAは5月下旬に全積荷の検査に着手舌ばかりだというのに、積荷の一部や、フロリダ州マイアミと、米国領プエルトリコの店舗に売られていた製品からDEGが検出されたという。

 FDAによると、中毒患者の報告例はないが、混入したDEGの濃度は3〜4%で、腎臓や肝臓に疾患がある消費者には発病のリスクがあるという。
 FDAは「製造国表示を確認して中国製と分かったら捨てるよう」呼びかけている。

 一方、FDAはDEGが混ざった練り歯磨き11ブランドと製造会社3社も特定、「クールデント・スペアミント」「ドクター・クール」などの製品名で、主に低価格のセール品として販売されているという。

 中国は毒入り製品を輸出するのは慣れっこなのだろうか・・・。
 もしかして国家政策??
posted by ひで at 11:09| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。