2007年07月07日

九州で大雨

 活発な梅雨前線が停滞し、大雨に見舞われている九州・西中国で昨日、熊本県や福岡県を中心に浸水や土砂崩れなどの被害が相次いだ。 同日午前0時の降り始めから午後11時までの総雨量は、熊本県八代市で294ミリを記録したという。
 今朝午前1時までに県内の699人に避難勧告が出され、31人が自主避難したほか九州6県で28人に避難勧告が出され、123人が自主避難したという。
 福岡管区気象台などによると、梅雨前線は本日も活発に活動する見通しで、局地的には1時間に80ミリを超える猛烈な雨が降りそうだという。
 土砂災害や洪水の危険性が非常に高く、厳重な警戒が必要としている。

posted by ひで at 09:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46991864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。