2007年07月13日

3連休は台風一過

 大型で非常に強い台風4号は本日、沖縄などを暴風域に巻き込みながら九州の南を北上した。
 明日に九州南部に接近、上陸の恐れがあり、連休中に暴風域を伴ったまま、関東にかけて太平洋側を進む可能性がある模様だ。

 この時期の台風は秋に比べ、弱いものが多いが、気象庁は「4号は7月の台風としては観測史上最強クラスではないか」としている。

 九州南部では明日にかけての総雨量が1000ミリを超え、大きな災害が発生する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 鹿児島県の沖永良部では、51・7メートルの最大瞬間風速を記録、7月としては過去最強だった。

 台風4号は本日午後6時、鹿児島県の沖永良部島の西北西約120キロを時速約25キロで北上しており、中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルだという。
 中心の南東側350キロ以内と北西側190キロ以内で暴風域となっている。
posted by ひで at 22:31| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47740405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。