2007年07月21日

がくや打ち上げ延期

 宇宙航空研究開発機構と三菱重工業は、8月16日にH2Aロケット13号機で打ち上げ予定だった月探査機「かぐや」の打ち上げを延期すると発表した。
 探査機本体から分離する予定の子衛星に部品の取り付けミスが見つかったためで、部品交換に1カ月ほどかかり、打ち上げは9月になりそうだという。

 同機構によると、今冬打ち上げ予定の超高速インターネット衛星「WINDS」の12日の地上試験で、コンデンサーが本来と逆の向きに取り付けられているのが見つかり、「かぐや」でも確認したところ、19日に二つの子衛星で同様のミスが見つかったという。

 取り付けミスがあってもしばらく正常に動作するため、「かぐや」の試験期間中は見つからなかったそうだが、このまま打ち上げられていた場合、月の重力場測定ができなくなった可能性が高いという。
posted by ひで at 08:14| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。