2007年08月05日

柏崎原発にIAEA派遣

 新潟県中越沖地震による東京電力柏崎刈羽原子力発電所の被害状況などを調べる国際原子力機関(IAEA)の調査団長を務めるフィリップ・ジャメ原子力施設安全部長が本日午前、成田空港に到着した。

 調査団は、6日から9日までの日程で柏崎刈羽原発を現地調査を行い、被害状況の確認や、関係者からの聞き取りを行うという。
posted by ひで at 09:36| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50349576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。